LECT(レクト)

LEKT(レクト)について

2019年ブランドデビューしたLEKT(レクト)というブランドについて、つくり手の思いといった部分を少し伝えさせていただきたいと思います。少々専門的ではありますが、その点はご理解ください。

LEKT(レクト)とは

数多くのブランドバッグがある現在、素材にこだわり、余計な装飾や機能を省き、手頃なプライスで購入できるバッグをつくりたいという思いからLEKTはスタートしています。バッグを選ぶとき、価格に比例して素材のクオリティは上がります。当然のことなのですが、商品を構成している要素には本体の材料やパーツなどの資材、部屋やポケットの数、パターンや縫製箇所といったものがあり、それらが積み重なって最終的な金額が決まっていきます。加えて生産される物理的な場所といった面も反映されます。いわゆる工賃といわれるものです。人件費あたりの単価が高い日本で作るとどうしても工賃が高くなってしまいます。LEKT(レクト)はそれらの条件を整理して、出来る限り無駄な機能を省いてシンプルに、素材と価格のバランスを決めて行きながらデザインを進めています。

※ツイル生地拡大、ナナメにはしる畝(うね)が特徴。綾織とも言う。

ブランドスタートで採用した本体生地はツイルと呼ばれる生地目のナイロン素材です。一般的にはフェリージやオロビアンコなどで知られているのではないでしょうか。光沢とツヤ感のある素材のツイルナイロンに、強撚糸と言われる強い糸を使っているので、強度も申し分ありません。更にLEKTで採用しているこの生地にはインターロック加工と呼ばれる、表面の生地の裏面に別の生地を張り合わせた加工を施しています。そうすることで生地に強度としなやかさが生まれ、上品さが増します。先のフェリージやオロビアンコなども実はこの加工を施していますが、同じようなツイル生地でも見た目の雰囲気が異なるというのはこういった加工の差があるということが理由の一つです。(他にもツイルナイロンにボンディング加工を施したヨシダカバンのタンカーシリーズなどもよく知られています)

※インターロック加工したナイロンツイルの皺の表情

※加工を施してないナイロンツイルの皺の表情

当然、裏加工が施されていない表面だけのツイルナイロンに比べて、インターロック加工が施されている分、生地の単価は相当上がっています。その生地を使用しながら、いかにシンプルにまとめ上げ、買いやすい価格まで落とすことが出来るかがデザインをする過程での重要な判断基準となっています。

CONTACT

新規御取扱い、取材・プレスについてのお問い合わせは、メールにてご連絡ください。

担当:梶村
info@project-baton.com

閉じる