スポーツ観戦のプロたちへ

スポーツ観戦のプロであるサポーターたち
彼らからヒアリングを重ね、
作り上げられたリュック「TIES」

このリュックには、
スタジアム観戦に最適な機能、容量。
そして【作られるべきだった】
ストーリーが含まれています。

子供達に夢を

F-connectとLEKT

「TIES」の開発は、F-connectと関西でカバンを作り続けるLEKTとの出会いから生まれました。

F-connectとは、元東京ヴェルディの「小池純輝」選手と「梶川諒太」選手を中心設立。

虐待や家庭の事情など、さまざまな理由で親から離れなければいけなくなった子供たちが暮らす児童養護施設への訪問交流を中心に、フットボールを通じて子供たちへ「夢をみること」を伝えていく、活動をしています。

共に作り出す夢

子供たちの応援

F-connectの活動の一つとして、施設の子供たちを試合に招待しています。

彼らの活動に共感したLEKTはF-connectと共に、応援に来る子供たちが、応援に、そして日常でも使いやすいバッグの開発を提案しました。

そしてそれは同時に、スポーツを愛し、応援する人々のためのプロダクトになっていきました。

F-connectについて

全ては応援する人のために

サイズ、素材、機能。

「応援」に一番近い場所にいる
F-connectと共に
多くのサポーターや
子供たちからの聞き取りを
行ないました。

TIESのデザインは、
応援する人がいかに使いやすいかどうか。
そうした観点から全て作られています。

サポーター機能01

PCと人のための“クッション”

スタジアムの椅子が全てふかふかの映画館のようだったらどれだけいいか。

それはもしかしたら叶わないかもしれないけれど、TIESのPCポケットに取り外し可能な極厚のクッションを搭載。

硬い場所、濡れた場所、どんな場所でもふわふわの座り心地に。

汚れをサッと拭き取れるコーティング付きで、後片付けもサッと拭いてリュックに戻すだけ。

サポーター機能02

どんな場所でも潜り込むタフな素材

さまざまな環境がありえるスタジアム。雨なんか降れば、屋根がなければ地面は水浸し。
普段のバッグだったら、気後れしてしまうようなそんな地面でも、TIESの素材は気兼ねなく置けます。

普通のリュックでは底に使うタフなコーティングをリュックの前面に施して、クッションと同じように汚れはさっと拭うだけ。

水で濡れてもいても、硬いコンクリートで引きずっても大丈夫なタフな素材です。

サポーター機能03

大人も子供も背負えて泊まれるサイズ感

老若男女、誰でも使える絶妙なサイズ感は、スタジアムの席の下にスッと忍ばせるのにも最適なコンパクトさ。

だけれど、嵩張る荷物が多くなる冬の観戦や、雨の中の観戦、お気に入りのチーム・選手のグッズを余裕を持って持ち運べる大容量にも拘っています。

観戦はもちろん、一泊の旅行になら余裕でこなせる収納力!

サポーター機能04

チケット、カードポケット

TIESは大切なチケットに特別な場所を用意しています。

ファスナー付きのクリアポケット。
試合観戦のチケットももちろん、ビジネスでも使える見た目のTIESなので、新幹線、飛行機のチケットも。

また、クリアなカードポケットも2ポケット用意。お気に入りの選手をいつもそばに。

もちろん、普段使いでないカードを入れておいたりしても便利です。

サポーター機能05

サインタグ

TIESの大きすぎるタグには、大きな空白があいています。ここには大好きな選手のサインを。

選手が困らない、サインペンの乗りやすい紙のような性質を持った丈夫な生地を使用しているので、下記心地も滑らかです。

いつも一緒にいるバッグだからこその嬉しい仕様に。

サポーター機能06

日常でも、応援でも

応援のプロのための、【プロユース品】とも言える機能ですが、TIESのデザインはあくまでシンプル。

F-connect×LEKTのロゴはあくまで控えめに。

常に一緒にあるべきバッグという性質を考え、仕事にも学校にも違和感なく使えるTPOを選ばない姿をしています。

もちろんこれまで紹介した機能、PCクッション、ガジェットポケット、クリアポケットはビジネスの場においても大活躍してくれます。

先行体験者のレビュー

F-connectの考えに共感し賛助いただいているサポーターさまに、先行してTIESを体験いただき、忌憚ないご意見をいただきました。

その一部をご紹介します。

これまで見たことがない仕様

平野 妙子さま|会社員

仕事で使うパソコンや、観戦の荷物が多い私は、いつもすごく大きいサイズ感のリュックになってしまう。でも、TIESはサイズ感が女性にもピッタリなため、スタジアムでも通勤でも、1週間使い続けられました。

サポーター向けの機能が多くて、オリジナル感が強く、これまで見たことのない仕様でした。でも、全ての機能を日常で使うことができました

クッション入りにはかなり驚きで、実際に県営の球技場レベルの平らな椅子で使用しましたが、それまで膝掛けなどを敷いていたのが不要で、とても重宝しました。

背中にあたる素材が柔らかく通気性に優れていてとても良く、ベルトの素材までこだわっていて、肩へのフィットも良いです。

デザイン、容量、使い勝手。全てで満足

高木 慶さま|会社員

最初見た時、パソコンを入れるには小さいかな? と思いましたが、想像できないくらいものが入りました。

シンプルすぎないデザインはオフでもオンでも使えるので重宝しています。また雨の日も撥水してくれるので中の荷物が濡れづらく大変助かりました。

小学1年の娘に使わせたところ中身をたくさん入れても重くなく、使い勝手が良いとのこと。

サイドについている輪(ループ)にお気に入りのキーホルダーを付けるなどして楽しんでいました。

一点、できればチェストベルトが欲しかったですね。

TIESをさらに詳しく知る

TIESの収納例

LEKTとは

価値が多様化するこの時代に
使う人にとって必要とされるモノを。
純度の高い状態を維持しながら開発します。

  • 2021年
    株式会社dripと共に、ガジェットやカメラを愛するバックパックユーザーの意見を取り入れた「FLOORPACK」をmakuakeで発表。91,495,800円、4600人以上から支持を受けて発売。

  • 2023年
    クリエイティブユニット「TENT」と共に、洗えるバッグ「VEIL」を発売。バッグが「洗える」という新しい価値は多くのユーザーに受け入れられ、新たに「ホワイト」と「グレー」カラーも発売。